社労士の魅力について知りたい!

働き方が自由に選べる魅力的な資格です!

社会保険労務士は、ほかの法律系国家資格と比較してどのような魅力があるのでしょう。
実際に企業内で社労士として働いている私の視点から、
この資格の魅力は次のようなポイントではないかと考えています。

①勤務するか? 独立するか? ワークスタイルを選択できる
社会保険労務士は、私のように企業の人事部や総務部に勤務しながら資格を活かす、
という方法を選択することができます。
もちろん、独立開業することもでき、開業したほうが努力次第で高収入が望めますが、
仕事が軌道に乗るまでは安定収入が得られないというリスクも伴います。
そこで、常に安定した収入を得たいという人には、
企業に所属する勤務社労士という選択が最適というわけです。
この資格は、リスクを覚悟の上で高収入の夢を追うこともできますし、会社に属して
安定収入を得る、という選択も可能な、フレキシブルな性質を持った資格といえます。
最近、女性の受験者が増えているというのは、
このような側面にも理由があるのかもしれません。

②開業する場合も、資金面でのリスクが少なくて済む
飲食店を開業する場合などは、店舗の内装や設備機器、材料の仕入れなど
資金面で多大なリスクを負わなければなりません。
その点、社労士の場合は、パソコンやプリンターなどの最低限の機器があれば自宅の一室
でも開業することができますので、特に大きな設備投資がいらないのがメリットと言えます。
自宅なら家賃はいりませんし、自分ひとりで仕事をこなすのであれば人件費もいりません。
独立するとなると、かなりのリスクを伴うように感じてしまいますが、
実際は資金面でのリスクはほとんどないと考えましょう。

③営業力次第では、年収1000万円以上も狙える!
開業社労士の場合は、たくさんの企業と契約をして顧問報酬を得られるようになると、
毎月安定した収入を得ることができます。
本人の営業力次第で1000万円はおろか、
中には3000万円台の年収を得ている社労士さんもいるということです。

社労士の勉強法や仕事などこのサイトにわかりやすくまとめています