社労士の年収について知りたい!

開業社労士は、顧問報酬でどんどん稼げ!

社会保険労務士には、2種類の働き方があることは先ほどのページでもご紹介しました。
ひとつは、私のように会社に勤務しながら資格を活かす勤務社労士。
もうひとつは、個人事務所などを開業して仕事をする開業社労士です。

私の職場のように、社内に社労士などの専門知識を持つ人間がいる場合は、
その人が社会保険の手続きや助成金などの申請手続きを行いますが、
企業によってはそのような人材がいない場合も考えられますし、
コストカットのためにアウトソーシングしている企業もあるでしょう。
そんな場合に活躍するのが、開業社労士というわけです。

現在、社労士が3万人あまりいるといわれていますが、
その中で勤務社労士は全体の3分の1ほど。
特に女性は企業に勤務している人が多いのだそうです。
勤務社労士の年収は、当たり前ですが会社員の年収とほぼ同じだと考えられます。
会社によっては資格手当てのようなものが出ることもありますが、
私の職場の場合は、同期の社員とほぼ同じ年収のようです。

問題は、開業している場合の社労士の年収です。
開業社労士の報酬の種類は、以下の3つが挙げられます。

  • 手続き報酬

企業の就業規則の作成や社会保険の給付申請など、
書類作成や申請の手続きを行うごとに得られる報酬のこと。

  • 労務管理報酬

雇用管理や人事管理、賃金管理などの業務ごとに
企業と契約して得られる報酬のこと。

  • 顧問報酬

契約している企業の労働社会保険の手続きや相談、
指導などの各種業務を行い、月ごとに得られる報酬のこと。

 

報酬の金額は、各社労士さんが自由に決めて営業することができます。
例えば、従業員数が20人以上30人未満の企業の顧問報酬は月額5万円、
50人以上70人未満の場合は月額8万円など…
となっているようです。
顧問報酬は、毎月の固定収入となりますので、
顧問報酬が多いベテランの社労士さんほど年収が高くなる
という傾向にあります。
そのような方の場合、年収1000万円以上の人も多いと聞きますが、
平均的には400~800万円程度
と言われているそうです。

開業して2年ほどで300万円、5年で500万円ぐらいの年収になるのが平均で、
この時点では普通のサラリーマンとあまり変わらない額かもしれませんね。
社労士資格も他の資格と同様、資格を取得しただけでは稼げず、
本人の営業力が高収入につながる、といえるでしょう。

社労士の勉強法や仕事などこのサイトにわかりやすくまとめています