社労士試験は独学で合格できるか知りたい!

独学受験はイバラの道! 通信講座で効率的に学習しよう

本屋さんの店頭やインターネットで販売しているテキストを見ていて、
「独学で合格できるかも!」と思ってしまう人が多いかもしれません。
確かに、市販のテキストはたくさん並んでいますし、それらを適当に数冊そろえて勉強すれば、簡単に合格できるかも、と考えてしまうのも無理はありませんね。

しかし、社会保険労務士試験はそんなに甘いものではありません。
労働基準法など8つの法律とそれに関する一般知識、労働白書や50以上もある
細かな法律の中から細部を付いて出題される、超難関試験なのですから。
市販のテキストや問題集をいくつか買い揃えて勉強した程度では、
なかなか合格できるレベルの試験ではないのです。

そもそも、市販のテキストは資格予備校が講座の宣伝をかねて製作したものなので、その本
だけで合格できるほどの知識量も試験のノウハウも網羅されているわけではありません。
しかも、市販テキストのほとんどは精神の法改正に対応しているわけではないので、
改正情報は自分でゲットして対応するしかないのです。

独学は手軽に始められる方法だとは思いますが、この方法で合格するためには
さまざまな壁があり、クリアするのに何年もの時間を費やしてしまうことになります。
ほとんどの人は途中で挫折することになるでしょう。

その点、通信講座では、受講生が理解しやすいようこだわって編集されたテキストが
一式揃えられていて、さらに問題集や講義DVD、CDなどまで用意されています。
忙しくてスクールに通学できない人や、教室が遠くて通えないという人も、
通信講座なら挫折せずに続けられるはずです。
社会保険労務士試験という難関に挑戦するなら、試験のプロである通信講座という
強力な助っ人をつけて臨むのが、賢い選択といえるでしょう。

社労士の勉強法や仕事などこのサイトにわかりやすくまとめています